Staff

メッセージ

2010年10月に三鷹市に『えみた歯科・矯正歯科』を開院いたしました。
患者さまからの『訴え』と、私たちより提供できる『真の情報』を、互いに『共有』し『安心』して受けられる最善の歯科医療サービスをご提供できるよう取り組んで参ります。

現在、日本は超少子化時代を迎えました。世界の政治・経済情勢の急激な変動や地球温暖化に代表される環境への危惧などが、各々の家庭にまで影響を及ぼし、ご家庭内ではお母さま方に様々な負担が強いられていると感じられる毎日です。『ストレス』は、外でお仕事をされている方々に限ったことではありません。成長期の子ども達、家族を支えるお母さま方もまた『ストレス』にさらされて日々を過ごしています。

当院では、癒される空間、癒される治療を心がけ、『真の情報』を『共有』し合うことから生まれる、『信頼』 し『安心』して受けられる最善の歯科医療サービスを、持続的にご提供できるよう尽力して参ります。

えみた歯科・矯正歯科 院長
署名

スタッフ

  
院長 諏訪幸子(歯学博士)
- 経歴 -
平成10年 東京歯科大学 歯学部卒業 諏訪幸子
平成10年 東京慈恵会医科大学附属病院
歯科・口腔外科学教室入局
平成12年 国立精神・神経センター
放射線診療部研究員
平成12年 東京慈恵会医科大学附属病院
歯科・口腔外科学教室退局
平成13年 大森北歯科勤務(常勤)
平成17年 大森北歯科勤務(非常勤)
平成17年 神奈川歯科大学大学院 成長発達歯科学講座 歯矯正分野 博士課程入学
平成21年 神奈川歯科大学大学院 成長発達歯科学講座 歯科矯正分野 博士課程修了
平成21年 神奈川歯科大学大学院 成長発達歯科学講座 非常勤講師
平成21年 はんだ矯正歯科勤務(大和市)
平成22年 ひろ国立矯正歯科 勤務(国立市)
平成22年 えみた歯科・矯正歯科 開院(三鷹市)
プライベートでは二児の母
趣味:お料理、インテリア

諏訪礼二(歯学博士・アドバイザー)

えみた歯科・矯正歯科にて専門歯科医療(インプラントほか)の技術提供を行ってまいります。歯科の総合医院を目指す当院にて、より精度の高い医療技術をご提供できるよう尽力をしてまいります。
趣味:読書、サイクリング

院長業績

    【原書】

  • Sachiko SUWA, Sasaguri K, Takahara M, Shirakawa S, Sato S et al : A survey of sleep health and sleep bruxism of children in Kawaguchiko town. Bull. Kanagawa Dent. Col. 2007; 35: 222-224.
  • Sachiko SUWA, Takahara M, Shirakawa S, Sato S et al : Sleep bruxism and its relationship to sleep habits and lifestyle of elementary school children in Japan. Sleep and Biological Rhythms. 2009; 7: 93-102.
  • Sachiko SUWA, Madoka Takahara, Tsuyoshi Kataoka, Takuro Kodama, Kim Yul, Keiko Kato, Yuka Okada, Kenichi Sasaguri, Sadao Sato: Risk Factors for severe bruxism of elementary school children in Tokyo. Bull. Kanagawa Dent. Col. 2009; 37 : 149-151

    【学会発表】

  • 伴幸子:硬膜外麻酔による筋弛緩効果の検討.東京慈恵医科大学例会,東京都,平成12年
  • 伴幸子:入院患者の術後鎮痛剤要求に関するロジスティック回帰分析,第45回日本口腔外科学会総会,東京都,平成12年
  • 諏訪幸子:小学生児童における「睡眠習慣を含む生活・成育環境」と「睡眠時ブラキシズム」との関連についての調査,研究.第41回神奈川歯科大学総会,神奈川県,平成18 年12月9日,優秀演題賞受賞
  • 諏訪幸子:Sleep health and sleep bruxism in the children of Japan.第30回日本神経科学学会,神奈川県,平成19年9月11日
  • 諏訪幸子:小学生児童における睡眠時ブラキシズムと睡眠習慣・睡眠健康との関連についての検討.第32回日本睡眠学会学術集会,東京都,平成19 年11月9日
  • 諏訪幸子:Sleep Bruxism and Sleep Health of the Children in Japan.第1回国際先進学際歯科学会,s東京都,平成20年3月21日
  • 諏訪幸子:郡部および都市部の小学生児童における「睡眠時ブラキシズム」と「睡眠健康」との関連.第33回日本睡眠学会学術集会,福島県,平成20年6月26日
  • Suwa S.:Relationship of bruxism and sleep health of children in Japan.IADR 86th General Session & Exhibition,Canada, Toronto,平成20年7月4日
  • 諏訪幸子:Bruxism and sleep health of children in Japan.第31回日本神経科学大会,東京都,平成20年7月11日
  • 諏訪幸子:小児における「睡眠時ブラキシズム」と「睡眠健康」の調査.第67回日本矯正歯科学会,千葉県,平成20年9月18日
  • 諏訪幸子:小学生児童における「歯ぎしり」と「睡眠習慣・成育環境」との関連についての調査,研究.第43回神奈川歯科大学総会,神奈川県,平成20年12月6日,Presentation Award 受賞
  • 諏訪幸子:小学生および中学生における「歯ぎしり」と「睡眠習慣・生活習慣」との調査研究.第34回日本睡眠学会定期学術集会,大阪府,平成21年10月25日
  • 諏訪幸子:小学生および中学生における「睡眠時歯ぎしり」と「睡眠習慣・生活習慣」との調査研究.第68回日本矯正歯科学会,福岡県,平成21年11月18日
  • 諏訪幸子:小学生児童おける「睡眠時歯ぎしり」と「咬み合わせ」との関連. 第69回日本矯正歯科学会,横浜,2010. 9.28.

    【その他】

  • 平成19年度文部科学省委託研究事業「ねる子は育つ・すくすく育て研究プロジェクト」~睡眠の習慣,成育環境,歯科との関わり,生活リズムに関わる因子

    【講演】

  • 「歯のはなし」, 山梨県富士河口湖町立河口小学校, 平成18年12月18日
  • 「歯のはなし」, 山梨県大月市七保町瀬戸市立瀬戸小学校, 平成19年5月20日
  • 「わたしの成長・歯の成長」, 山梨県富士河口湖町立河口小学校, 平成19年11月26日
  • 「子どもの睡眠と歯の健康」, 品川区学校歯科保健研修会, 平成20年7月31日
  • 「咬む力は生きる力」, 山梨県富士河口湖町立河口小学校, 平成20年12月22日
  • 「子どもの睡眠と歯の健康~生活習慣の重要性」, 山梨県富士河口湖町立小立小学校, 平成21年9月29日
  • Sleep bruxism and its relationship to sleep habits and lifestyle of elementary school children in Japan」, シークエンシャル咬合・歯列矯正・ウィーンコース, 平成21年3月25日

    【専門誌】

  • 諏訪幸子: 子どもの歯ぎしりを探る―睡眠習慣・生活習慣の影響―. 小児歯科臨床,(第15 巻第8 号), 36-44

このページの先頭へ